CBDオイルで健康レシピ☆料理に取り入れる時の注意点まとめ| 美容健康情報サイト「CBDlife」

2019.07.25

CBDオイルで健康レシピ☆料理に取り入れる時の注意点まとめ

Written by 美意識タカ子

  • この記事をシェアする

机に並べられた料理


皆さんはCBDオイルをご存知でしょうか?
雑誌やメディアに取り上げられたことをきっかけに、健康や美容のために使用する人が増えてきたCBDオイル。インナーケアとして溶け込みつつあるCBDオイルですが、その独特な味が苦手な方もいるのではないでしょうか?

実はわたしも、独特な苦みになかなか慣れることができませんでした…。

しかし料理に加えることでCBDオイルを美味しく摂取できちゃうんです!

この記事ではCBDオイルを料理に使う際の注意点、さらに簡単に作れるオススメのCBDレシピまでご紹介しちゃいます!
 CBDオイルの独特の苦みが苦手!という方や、CBDオイルを使って料理したい!という方は、是非参考にしてみて下さい♪
 

Contents

 

CBDの流行に伴い、CBD配合の料理やレシピがブーム!



ベーカリーショップ

CBDオイルの効果が認知されてきて、スキンケア商品に配合されるなど様々な用途の幅を広げてきたCBDは、現在料理に取り入れて摂取する方法がブームになってきています。


海外ではすでにCBDを含んだカップケーキやクッキー、さらにはドリンクを販売していたお店もあるほど…!
さらに、あの有名なアイスメーカーも発売をプランニングしているのです!

 

大手アイスメーカー、ベン&ジェリーズもCBDアイスクリームの発売を計画!



ベン&ジェリーズ


コンビニなどでも見かけるあの「ベン&ジェリーズ」も現在、CBDを配合したアイスの発売を計画していると発表しており、FDA(食品医薬品局)に対して


・CBDには依存性は認められない
・興奮を促すような成分も入っていない



など、CBDが安心して使用できるものであると明言しています。

「ベン&ジェリーズ」のCBDアイスクリームに関する記事は下記からご覧ください。


他記事へのリンク

 

CBDオイルってどんなもの?どんな効果があるの?



CBDオイル

そもそもCBDオイルがどんなものか知らない方もいらっしゃると思います。
簡単に言ってしまえば、体の不調から、お肌のトラブルまで、様々な症状に効く万能薬といってもいいものです!

そんなCBDの知識を簡単にご紹介します!

 

CBDオイルについての基礎知識!



オイル

CBDはそもそも「カンナビジオール」という大麻植物から抽出される成分のことをいいます。

大麻という単語をみると危険なものと勘違いしやすいですが、私たちが危険と思っているのは主に依存性や高揚感を与えるTHC「テトラヒドロカンナビノール」のことです。

CBDはTHCとは違い、人に対し有害な成分は入っておらず依存性や危険性もありません。


世界保健機構であるWHOからも、その安全性が認可されており、“健康を害する副作用がない”という事が2017年に発表されたカンナビジオール(CBD)事前審査報告書にて発表され、その安全性はお墨付きだと言えるでしょう。


(参考:http://cannabis.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20171206225443-F93DD6CFE8B1C092970601FFD88BDBE2E5F96AE8B22F18642F02F65C6737547F.pdf#search='CBD%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB+%E6%96%87%E7%8C%AE')

 

CBDオイルは様々な美容効果も期待されている成分♡



3人の女性


がん、てんかんを始めとする様々な疾患・症状に効果があると言われているCBDオイルですが、なんと女性の美容をサポートする可能性が高い事が明らかとなっています!

主な効果は下記です。
 


・肌荒れ対策
・シミ、お肌のたるみ
・血行促進
・痛みの軽減
・不眠
・ストレス緩和
 


と美容効果はもちろん、心身の不調にも有効とされている成分なのです!

美容効果が得られる理由として、年齢を重ねるごとに酸化していく体に対して、その酸化を防ぐ抗酸化作用があるからだと言えるでしょう。
その作用によりCBDオイルを使用することによって、アンチエイジング効果が期待できるとされています。



 

 

CBDオイルを料理に用いるメリットって?



キッチン

CBDオイルをそのまま摂取せずに、料理にいれて使用する利点は


・CBDオイル独特の苦みを感じない
・日常に取り入れやすい
・無理せず続けられる



などが上げられます。

ですが、特に大きなメリットは料理に加えることでCBDオイルの苦みをカバーできることではないでしょうか?
そうすることで手軽にCBDオイルの摂取を続けることができるのです。


 

CBDオイルを料理に使おう!注意点や使用方法を解説!



キッチンと食材


料理に取り入れることで簡単に継続してCBDを摂取することができますが、実際にCBDオイルを料理に加える際、気を付けて欲しい点とその使用方法についても詳しくご紹介していきますね!

 

CBDオイルを料理に用いる際の使用方法



オイル


まずはじめに、使用方法ですがオイルだからといってレシピに記載されている油や、オリーブオイルなどの代替えとしては使用しないでください。

CBDオイルは商品ラベルなどに書かれている1.2回分の分量をお好みの料理に入れるのがおすすめです。

というのも、CBDオイルは用量・用法を守れば安全に使用できます。
しかし反対に、一日の決められた摂取量をオーバーしてしまうと、人によっては副作用を感じてしまう場合もあります。

なので、使う量は1~2回分の摂取量にとどめておくことが大切です。

 

CBDオイルを料理に用いる際の3つの注意点

 


下記ではCBDオイルを用いる際の注意点を3つお伝えいたします。
これらの方法に注意しなければ、CBDオイルの効果を十分に実感することはできません。


CBDオイルを用いた料理にチャレンジしてみたい!という方は是非参考にしてみて下さいね。

 

CBDオイルを高すぎる温度で調理しない



キッチンコンロ

CBDは高熱に弱いので高い温度で調理してしまうと、CBD本来の成分が破壊されてしまう可能性があります。

なので、オーブンを使用する料理や、熱湯の中にオイルをいれるのは避けるようにして、低い温度で調理をするようにしましょう。

 

CBDオイルの保管方法にも注意が必要!



冷蔵庫の中


また、CBDオイルは普通の食べものと同じように、直射日光や気温が高いところに置いておくと腐りやすいです。

CBDオイルを長く使用するためにも温度と湿度の低い冷蔵庫での保管を徹底するようにしてください。


 

CBDオイルと食材の相性を気にする



オイルと水

最後に、CBDオイルはその名の通り油です。
つまり水と油が溶け合わないように、CBDオイルも水分とは分離されて混ざりません。
上手く料理に取り入れるために、オイルとの相性を気にしてみましょう。

ちなみに、同じカテゴリーのオリーブオイルやココナッツオイル、バターなどと一緒に使用すると混ざりやすいため、扱いやすくなりますよ!

 

CBDlife編集部イチオシ♡CBDレシピをご紹介!



レシピメモ

ここでは、どうやってCBDオイルを料理に組み込んでいいか悩んでいる人にぜひオススメしたいレシピをご紹介します!
CBDオイルはサラダのドレッシングからスイーツまで色んな料理に使えるのでみなさんもぜひトライしてみてください!

 

毎日でも食べられる!CBDオイルドレッシング♡



サラダとオイル

 

簡単に作れて毎日食べるものでもあるサラダ。それにかけるドレッシングにCBDオイルを足してみましょう!
作り方も材料をとっても簡単で、すぐに取り入れることができます。
 

手軽さ:★★★★★
特徴:さっぱりとしたイタリアンドレッシングの風味

~材料~
・醤油大さじ3
・お酢大さじ3
・すりごま大さじ2
・砂糖大さじ1.5(苦みが気になる方は多めでも〇)
・ごま油大さじ1
・CBDオイル1回分
・お好みの野菜



~作り方~
材料を全て混ぜて、サラダにかけるだけ。

 

 

冷たい口当たりのCBDチョコレートタルト♡



チョコレートタルト

CBDオイル独特の苦みを最大限におさえた、手軽にできるスイーツレシピです。
このレシピはオーブンを使用しないのでCBDが熱に負けることなく安心して摂取することができます!

 

手軽さ:★★★☆☆
特徴:冷たい口当たりで夏にもピッタリ

~材料~
・市販のタルト生地
・生クリーム180g
・チョコレート150g
・お好みで上にバナナやイチゴなどのフルーツ
・CBDオイル1~2回分
 



~作り方~
①生クリームを沸騰直前まで温める
②温めた生クリームにチョコを入れて混ぜる
③②にCBDオイルを加えてよく混ぜる
④タルト生地に③を入れる
⑤④にお好みのフルーツを乗せ冷蔵庫で冷やす



 

 

CBDスムージで身体の内側をきれいに♡



バナナスムージー

ケーキをつくるのは面倒と思った方には簡単につくれるスムージーがおすすめです!
甘さのあるフルーツを入れれば、CBDオイルの苦みも気になりません。

 

手軽さ:★★★★☆
特徴:デトックス作用のある野菜やフルーツを入れてもOK♪


~材料~
・ヨーグルト150g
・豆乳50cc
・バナナ1本
・お好みでブルーベリー(5粒程度)
・CBDオイル1回分
 



~作り方~

ミキサーに材料を入れて混ぜるだけ!


ドレッシングと同じく混ぜるだけなので毎朝一杯飲むことを習慣づけるのにもってこいのレシピです!
また乳酸はCBDの苦みを緩和してくれるので、ヨーグルトに混ぜるだけでも十分苦みを感じずに摂取できます。

 

 

CBDオイルを使った料理が苦手…。そんな人はCBDカプセルタイプがオススメ!



CBDカプセル

料理が苦手、面倒くさい!という方にはCBDカプセルタイプがおすすめです。
サプリメント感覚で摂取でき、青臭さや苦みを感じない為手軽に摂取することができちゃいますよ!


さらに、CBDカプセルは含有量が高すぎない製品が多く、日中に常用する事が可能です。効果が薄いと感じた際にはカプセルを追加して服用することもできるので、自分に合った含有量を知る事にも繋がります。


 

CBDオイルを料理に取り入れて、健康的な毎日を!



料理をカメラに収める人


せっかくCBDオイルを購入しても、味が苦手で続けられないのはもったいないですし、楽しく続けられないと嫌ですよね…。

今回紹介したレシピのように工夫しだいでCBDオイルを楽しく飲み続けられます!
用法や用量をしっかりと理解した上で摂取することを心がけ、毎日健康に過ごしましょう!



 

関連記事一覧

-Related Article List-

CBDサプリ 商品一覧

-Suppli Product List-

商品をもっと見るplay_circle_filled

keyboard_arrow_up

top