【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプの商品詳細| 美容健康情報サイト「CBDlife」

カプセルタイプ

☆☆☆☆☆

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプ

エンドカCBDカプセル

ブランド

ENDOCA(エンドカ)

含有量

300mg

製品タイプ

カプセルタイプ

価 格

¥5,500

  • この商品をシェアする

Contents

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプ
の口コミ一覧

-Reviews List-

口コミ2件

  • 40代 女性
  • たみ子さん
  • 2019.12.09 投稿

★★★★☆4点

効果を感じるまでにかなり時間がかかる。やっぱり海外製品だから外国の方の体質に合わせて作られてるのかな。カプセルタイプ気に入ってるからこれからも継続しますが、もうちょっと即効性があると良いな。

  • 20代 女性
  • 匿名さん
  • 2019.06.30 投稿

★★★★☆4点

たまたま入ったオーガニックコスメ店で見つけて買いました。
店員さんによるとエンドカの中でもこのカプセルタイプのものが一番人気だそうで。
早速飲んでみましたが、眠くなる感じはすぐに実感しましたね。
まだ3日しか飲んでないので他の効果は分かりませんが、すでに翌朝の目覚めの良さは実感出来ています。

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプ
の商品説明

-Description of Item-

 

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプの商品詳細



エンドカCBDカプセル300エンドカCBDカプセル
 

ENDOCA(エンドカ)社のロウヘンプオイル CBDカプセルタイプは従来のCBDオイルに“生のカンナビジオール”とも呼ばれるCBDa(カンナビジオール酸)を配合。CBDカプセルタイプのため、オイル特有の苦み・青臭さを感じることなく、飲みやすいのが魅力です。

 

使われているカプセルはグルテンフリーのため、ヴィーガンの方でも安心してお使いいただける他、100%植物性で保存料や乳製品などを一切使用しておりません。

 

 

ENDOCA(エンドカ)社は抽出・製造法に強いこだわりをもっている

 


エンドカロゴ

ENDOCA(エンドカ)社は“CO2超臨界抽出”という特殊な製法でCBD(カンナビジオール)を抽出しています。

CO2超臨界抽出は抽出時に溶解薬物を使用せず、安心・安全が保障されている製法です。抽出温度が低く、麻の持つエイドカンナビノイドの有益成分を破壊しないというメリットが存在します。これをフルスペクトラム製法と呼び、CBD単体で摂取するよりも効果が増幅するとされています。

 

さらに、ENDOCA(エンドカ)では、できるだけヘンプ本来の組織構成を破壊せず、CBDオイル内でも再現できるよう製造過程においても冷静製法が用いられています。



農地

 

ENDOCA(エンドカ)社では北欧のオーガニックが認定された土地でヘンプ栽培を行っており、製造過程だけでなく、ヘンプの育つ土地やCBDを抽出する施設までもがオーガニック認定される場所での生産を行っています。徹底された品質管理がエンドカの魅力ともいえるでしょう。

 

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプの商品内容

 

ENDOCA(エンドカ)/ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプの商品内容:ヘンプシードオイル、藻類コロイド、カンナビジオール(CBD)

 

ENDOCA(エンドカ)/ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプのCBD含有量:濃度別。2種類。

・青パッケージ300mg(カプセル1つに付き10mg)

エンドカCBDカプセル300

 

・赤パッケージ1500mg(カプセル1つに付き50mg)


エンドカCBDカプセル
 

ENDOCA(エンドカ)/ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプの内容量:30粒

 

1回あたりの使用量:栄養補助食品として、1日の摂取量2錠を目安としてください。妊娠中または、授乳中は服用しないでください。食事方法を変更したり、新しい製品を使用したりする前には、必ず医師に相談してください。このCBDオイル製品は、診断、治療、治癒、または任意の病気の予防を目的としたものではありません。

 

保存方法:直射日光、多温多湿を避け、開封後は20℃以下で保存してください。保存期間は2年です。



美意識タカ子バナー

 

 

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプのシリーズ比較


 

▼手軽に持ち運べる【CBDカプセルタイプ】

商品名:ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプ

エンドカCBDカプセル300エンドカCBDカプセル

従来のCBDオイルに“生のカンナビジオール”とも呼ばれるCBDa(カンナビジオール酸)を配合。CBDカプセルタイプのため、オイル特有の苦み・青臭さを感じることなく、飲みやすいのが魅力です。使われているカプセルはグルテンフリーのため、ヴィーガンの方でも安心してお使いいただける他、100%植物性で保存料や乳製品などを一切使用しておりません。

 

▼オーガニックにこだわり抜いた【CBDオイルタイプ】

商品名:ヘンプオイル CBDオイル

    ロウヘンプオイルCBDオイル

エンドカCBDオイル
 

最もポピュラーなのがCBDオイルタイプ。有機認定(オーガニック)のヘンプオイルのみを使用している、ENDOCA(エンドカ)社が強いこだわりを持つ製品です。オメガ3とオメガ6の割合も世界水準で推奨される1:3のパーフェクトな比率でブレンドされており、普段の食生活では摂りにくいカンナビノイド類やオメガ類、ビタミンやミネラルも含まれています。

 

▼初心者におススメ!【CBDペーストタイプ】

商品名:CBDオイル ペーストタイプ

CBDペースト_エンドカ

CBD(カンナビジオール)の効果を試してみたいけど、どの濃度があっているのかわからない。そういったお客様の声から生まれたのが、CBDオイルペーストタイプです。はじめてCBDを摂取する人や、日常遣いやCBDの効果を体感してみたい方におススメです。

 

▼高濃度のCBD製品を探しているのなら【CBDスティックタイプ】

商品名:ヘンプオイル CBDオイルスティックタイプ

CBDスティックエンドカ
 

純粋な高濃度CBDを摂取できるCBDスティックタイプ。ペースト状のCBDをチューブの先から直接摂ることができます。CBDスティックタイプに含まれているCBDは、2000mg/3000mgと大変濃度が高い為、治療目的や症状の緩和目的で使用されることがほとんどです。

 

▼純粋なCBDを摂取したいのなら【CBDアイソレートタイプ】

商品名:CBDクリスタル CBDアイソレート

CBDクリスタル_エンドカ
 

純度98%のカンナビジオールを体感できるアイソレートタイプ。純粋なCBDのみを摂取したい人にはぴったりの製品です。基本的な経口摂取の他、ヴェポライザーなどに使用するリキッドと混ぜることも可能な為、使用用途が多いのが特徴です。

 

▼肌に直接CBDの効果を感じたいなら【CBDスキンケア】

商品名:CBDリップ&スキン

    CBDヘンプホイップボディバター Hemp Whipped Body Butter

    CBDヘンプサルヴ Hemp Salve


CBDスキンケア_エンドカ

CBDの美容・健康効果を直接肌で実感したい人のために、CBDスキンケアのラインナップが登場。日常的にCBDを取り入れることで、肌トラブルの予防や、美肌に近づけるとされている製品です。CBDオイルや他の製品が、内側からのアプローチだとすると、CBDスキンケア商品は外側からのケアだと言えるでしょう。

 

▼お菓子感覚で摂取できる【CBD食品タイプ】

商品名:CBDチューインガム

CBDガム

海外ではCBD入りの食品が発売されていますが、エンドカ社からもCBD入りチューインガムが発売されました。日本初登場となるCBD入りチューインガムは天然ガム成分である「チクル」を使用して作られています。キシリトールやペパーミントを配合し、スッキリした爽快感が味わえるので、気分転換にもおすすめです。

 

 

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプと類似商品の比較

 

 

CBDオイルの普及に伴い、人気がでているのが【CBDカプセルタイプ】です。ヘンプ特有の後味を感じることなく摂取でき、持ち運びにも便利という点で人気を集めているようですね。

 

様々なメーカーがCBDカプセルタイプを販売していますが、今回はエリクシノール社のリトリートオイルカプセルと比較してみました。


エリクシノールとの比較
 

ロウヘンプCBDカプセルと、トリートオイルカプセルの共通点としては、1ボトルで300mgのCBDが摂取できるという点です。

しかし、カプセル1粒に含まれるCBD含有量は異なっており、ロウヘンプオイルCBDカプセルが1粒10mgに対し、リトリートオイルは1粒5mgが配合されているそうです。そのため、リトリートオイルは内容量が60粒と、ロウヘンプCBDカプセルオイルの倍量となっています。


CBDカプセルタイプ
 

日常的にCBDカプセルを摂取するのであれば、含有量の低いリトリートオイルを選択し、自分に合ったCBD量を調べてみるのもいいかもしれませんね。リトリートオイルカプセルの方が、CBD含有量が調節しやすい言えるでしょう。

 

しかし、コストパフォーマンスの面で考えると、エンドカ社のロウヘンプCBDカプセルがオススメです。

ロウヘンプCBDカプセルが税込みおよそ5000円なのに対し、リトリートオイルカプセルは税込みおよそ9500円と、少し割高になっています。

使用目的に合わせて製品を選ぶことが大切だといえるでしょう。

 

 

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプのオススメ使用方法

 




 ♡美意識タカ子のCBDオイル特別講座♡ 




CBDカプセルタイプのオススメ摂取法としては、効いてほしい時間よりも少し早めに飲むこと。

これを守りなさァい!

口内で吸収されるオイルタイプと違って、カプセルタイプは消化器官での吸収になるから 効果実感がすこ~しだけ遅いのが特徴なのよ。

ん?いまアンタ、じゃあオイルの方がいい!って思ったわね?

オイルは効果実感が早いけど、味や風味が苦手って人が多いのよね~・・・(溜息)
いくら身体にいいものだとしても、続けるのがストレスになっちゃ意味がないわ!

そういう人にカプセルタイプがオススメなの!
しかも、効果実感が遅いという事はデメリットではないの。消化器吸収だと、効果が長く続くから トータルで見るとカプセルの方がコスパもいいのよ~ン♡

 

美意識タカ子バナー

【ENDOCA(エンドカ)】ロウヘンプオイル CBDカプセルタイプ
の口コミを投稿する

-Post a Review-

CBDlifeでは、実際に寄せられた体験談・口コミを掲載しております。
CBDオイル・サプリをご利用になった方は是非口コミ評価をお願いします。

star名前

star性別

star年齢

star評価

starコメント

よく見られている
商品はこちら

-Product Often Seen-

ITEM RANKING

-Good Order-

keyboard_arrow_up

top